包茎手術をして衛生面を改善する

- 包茎手術をして衛生面を改善する

包茎手術をして衛生面を改善する

包茎手術をすると衛生面を大幅に改善し、匂いや炎症、性病、かゆみなどの問題を解消出来ます。
特に真性包茎の人が手術を受ければ、洗浄も楽になって治療した実感を強く抱けるでしょう。

真性包茎は不衛生な状態

真性包茎は包茎の中でもかなり不衛生な状態で、これはもちろん垢が溜まりやすい事を意味します。
そして垢が溜まるだけなら洗浄すれば良い話なのですが、真性包茎だと包皮を剥けないので洗浄も不可能です。
また、包皮をずっと剥かない状態が続くと垢が癒着してしまい、取り除こうとしてもこびりついてなかなか落ちません。
特に長年ずっと包皮で覆われたままだと、普通の人よりも遥かに多くの垢が溜まるので性病に繋がるリスクも当然大きくなります。

真性包茎は包皮が亀頭を覆っているせいで垢が溜まりやすく、尚且つ洗浄するのも難しい。
これが真性包茎のネックとなる問題で、包茎の中でも特に不衛生になりやすい理由です。

治療すれば洗浄が楽になる

包茎手術をして亀頭を露出させれば、包皮と亀頭の間で垢が癒着する事が無くなります。
それに垢が空気に触れる事で垢が癒着する度合いも弱くなり、楽に洗浄出来るようにだってなるはずです。
不衛生だと垢を原因にして性病などのリスクを伴うので、垢を取り除きやすくなるという理由だけでも包茎手術をする理由になるでしょう。

真性包茎というのは、自分が思っている以上に垢が溜まりやすいとても厄介な状態です。
あるいは亀頭を露出出来る仮性包茎だとしても、垢が溜まっていると女性からの印象は相当に悪くなります。
とにかく陰茎は常に清潔にする必要があり、その必要性を果たすためには洗浄しやすい状態にするしかないのです。


垢が溜まりやすいなら包茎手術をしよう

包茎の度合いはさておき、垢が溜まりやすい事で悩んでいるならクリニックでの治療が最善の方法です。
それに垢が多いとコンプレックスとなる原因にもなりますから、衛生面の改善はなるべく早く行いましょう。

  « 前の記事: を読む  

Copyright(C)2015仮性包茎は手術が必要?包茎手術の重要性を知ろう!All Rights Reserved.