仮性包茎は手術が必要?包茎手術の重要性を知ろう!

- 仮性包茎は手術するべきなのか?

更新情報

仮性包茎は手術するべきなのか?

真性包茎とカントン包茎に比べると仮性包茎は重症という訳では無いので、慌てて包茎手術する必要性はありません。
とは言え絶対に包茎手術しなくても良い、と言い切れる問題でもありませんから、仮性包茎の包茎手術における必要性と重要性について説明しましょう。

仮性包茎を手術する必要性

まず仮性包茎には、包茎最大の原因である性交の問題をさほど含んでいません。
と言うのも、一般的に仮性包茎は通常時に半分ほど包皮が覆っている状態で、勃起時には自然と包皮が剥ける状態の事も指すからです。
あるいは手で少し引っ張るだけで亀頭が露出するので、仮性包茎なら性交の時に何か問題が起きるという事はあまり無いでしょう。

しかし非包茎の状態と比べると、普段は包皮で亀頭を半分ほど覆っているのですから、垢が多少溜まりやすいというデメリットは確実にあります。
それに仮性包茎でもコンプレックスを抱く人も居ますし、仮性包茎は早漏の人が多い傾向にあり、これは刺激に慣れていない事が原因です。
という風に仮性包茎という状態にもデメリットはある訳ですから、少なからず包茎手術をする必要性はあると言えます。


仮性包茎を手術する重要性

とにかく仮性包茎でも多少は手術する必要性がある、という事は分かりました。
では、果たしてその必要性にお金を払って手術をするほどの重要性があるかというと、やはり重要性というのは真性包茎などに比べると下がります。
これだけ言われても納得いかないかもしれませんが、まず大半の日本人男性は仮性包茎に当てはまります。
しかし仮性包茎の人がこぞって治療している現実はありませんし、やはり普段の生活に問題無いなら無理して手術に踏み切るほどの重要性は無いのです。

ですから、仮性包茎で包茎手術をする人のほとんどはコンプレックスの解消や自信回復などが主な理由になります。
この場合は重要だから手術をするというよりも、個人的な強い意志の元に手術を受けていると言えるでしょう。

手術しなきゃいけないではなく、手術したいからする

真性包茎とカントン包茎は清潔面や性交面において様々な問題があるので、これらに該当する場合はなるべく手術した方が良いよというアドバイスが的確です。
でも仮性包茎なら無理して手術しなくても良いけど、個人的な意志で手術したいならしてもいいよ、というアドバイスになるでしょう。
確かに仮性包茎なら手術する重要性は少ないとは言え、それなりの必要性はある訳ですから、仮性包茎で手術をしたって何も変な事ではありません。

Copyright(C)2015仮性包茎は手術が必要?包茎手術の重要性を知ろう!All Rights Reserved.